Home > オフィスアプリケーション

オフィスアプリケーション

EXCEL2000の作業効率をアップするキーボードショートカット一覧

エクセル2000を効率よく操作する為のキーボードショートカットの一覧 よく使う機能を組み合わせてさらに自分だけのエクセル操作の効果をアップ!

EXCEL(エクセル)ファイルをCSV等の他のファイル形式で保存する方法

EXCELのデータをCSVやタブ区切りのファイル形式で保存する方法を図解入りで簡単に解説。 エクセルデータをエクスポートする際に知っておくと便利な機能。

EXCEL97の作業効率をアップするキーボードショートカット一覧

EXCELの操作効率を上げる便利なキーボードショートカット一覧 フィールド内の大きな移動や選択がキーボードショートカットを利用し、簡単に移動できます。 他にも、よく行う作業のキーボードショートカットを覚えておけば、作業効率をあげる事ができます。

EXCEL(エクセル)でデータを抽出する方法【ピボットテーブル(4)】

前回までで「ピボットテーブル」の基本的な使い方を 押さえていただいたかと思います。   今回は、集計したデータを「簡単に抽出する手順」を学んで行きましょう。 ※以下の手順ではEXCEL2007の手順をご説明いたします。   通常、EXCELでデータを抽出するとしたら、フィルタ機能を 思い浮かべる人が多いかもしれませんが、 ここまでに学んできたピボットテーブルにも「レコードを抽出...

EXCEL(エクセル)でデータの平均値を求める方法【ピボットテーブル(3)】

Web担当者向けコンテンツ|EXCEL(エクセル)の ピボットテーブル を利用してデータの平均値を求める方法を図解入りで解説

EXCEL(エクセル)でデータの個数を集計する方法【ピボットテーブル(2)】

ピボットテーブルを使ってデータの集計を行う方法を 図解入りで易しく解説 エクセルでの集計には、ピボットテーブルが一番早い方法です!一度手順をお試しいただいても損はありません。とにかく簡単ですのでお試しください。

EXCEL(エクセル)でデータを集計する方法【ピボットテーブル(1)】

皆さんはEXCEL上でどのようにデータを集計していますか? 【データ】→【集計】でしょうか?それとも関数を駆使していますか? どのような形でデータの集計を行っても、かなりの手間がかかると思います。 実はEXCELには、「ピボットテーブル」という 集計に特化した強力な機能が有り、非常に簡単に利用できます。

Excel(エクセル)BOOKにパスワードを設定する

キャンペーン応募データや資料請求のデータなどを扱う場合はExcel(エクセル)を利用する事が多いと思いますが、このような情報の記録されたBOOKに皆さんはパスワードをかけているでしょうか。外にファイルを持ち出すことが無いからパスワードはかけなくても大丈夫!と思っていませんか。自分の意思とは関係なく盗難や紛失によるデータ流出が数多く報道されています。転ばぬ先の杖として重要書類にはパスワードをかけてお...

ACCESS(アクセス)を使って不要なデータを取り除く(2)

前回はインポートまで行いましたが、今回は実際にマッチングの処理をご説明します。まずマッチングした2つのファイル「元データ」「削除データ」が読み込みが済んでいるとして手順を案内します。作成タブのクエリウィザードを押下します。ウィザードが立ち上がったら「不一致クエリ ウィザード」を選択し「OK」を押下します。 ファイルを選択するメニューでマッチングする際の元となるテーブルを選択し、「次へ」を押下します...

ACCESS(アクセス)を使って不要なデータを取り除く(1)

顧客データを扱っていると、複数のデータを統合したり分離したりと何かとマッチングの処理を行うことがありますが、皆さんはどのようにマッチングしていますか。ちょっと季節外れですが、例えば年賀状のリスト。昨年の年賀状リストから宛先不明で戻ってきた人を取り除く時などです。いろいろな方法があると思いますが「元データ」と削除すべき「宛先不明リスト」この2つのリストがあれば、ACCESSで簡単にマッチングをして今...

全てのエントリー一覧

Home > オフィスアプリケーション

サイト内検索
最近のエントリー
注目のキーワード
Feeds

ページTOPへ