Home > Web解析 > | 事例 > Google Analytics(グーグルアナリティクス)を使ってサイト改修事例(1)

Google Analytics(グーグルアナリティクス)を使ってサイト改修事例(1)

      

ウェブパーソンズサイトでは、Google Analytics(グーグルアナリティクス)を
使い、サイト分析を行っています。

今回、Google Analytics(グーグルアナリティクス)のデータを使って、
ウェブサイトの改修を行いました。


【1】2009年6月某日 課題点を洗い出しました。

・直帰率が、約80%と非常に高いのが気になりました。
 当社別サイトの直帰率が約54%で、これと比べても高い数値でした。

・平均ページビューが1.37ページと少ないことが気になりました。
 当社別サイトの平均ページビューが約4ページで、これと比べても低い数値でした。

6.jpg

【2】2009年8月 ウェブサイトの改修をしてみました。

・デザインはほぼ変えないこととしました。

デザインを変更しないことで、今回のウェブサイト改修効果が
どんな効果を出すか、正しく測定したいという意図がありました。


・レイアウトは一般的なブログサイトと同様にしました。

このサイトにアクセスする人たちは、一般的なブログサイトの
レイアウトに慣れていると推測しました。

慣れているレイアウトにすることで、ユーザにとっての操作性が増し、
閲覧ページが増加するのではないか?と仮説をたてました。


・グローバルメニューを設置しました。

検索エンジンを使い、当サイトにアクセスした人は、
グローバルナビゲーションにより、他のページも閲覧するのではないか?

リピーターとしてトップページにアクセスした人は、グローバルナビゲーションにより、

他のページを閲覧するのではないか?と推測しました。

 

【旧ページ】

名称未設定 1.jpg 

 

【新ページ】

名称未設定 2.jpg 

 

【3】2009年10月某日 結果を検証してみました。

・直帰率
80%→77%と約3%の改善しました!

・平均ページビュー
1.37ページ→1.43ページと約3%の改善しました!

・平均サイト滞在時間
53秒→1分2秒と、約9秒の増加しました!

ということで、全体的に、指標が上振れしました。

10.jpg

 

【最後に】

今回の検証の結果、ウェブマーケティング業界で語られている
「当たり前のこと」を、遅ればせながら、証明することができました。

「人が馴染みやすい一般的なデザインレイアウトや、
グローバルナビゲーションにより、PV関連の指標が上がる。」

こんなことが言えそうな気がしています。

そういえば、新聞や雑誌、検索エンジン系ホームページ、メールマガジン等は、
ずっとレイアウトを変えません。

これらのレイアウトと閲覧性には、密接な関係があるのかもしれませんね。

今後もウェブパーソンズでは、Google Analytics(グーグルアナリティクス)を
活用して、サイトの改修をし、各種データを改善していくつもりです。

改修した効果の事例は、また後日、公開させていただきます。


トライコーン株式会社 コンサルティングチーム HT

 

 

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://webpersons.jp/mt/mt-tb.cgi/576
Listed below are links to weblogs that reference
Google Analytics(グーグルアナリティクス)を使ってサイト改修事例(1) from Web Persons [ウェブパーソンズ]|Web担当者向け情報サイト

Home > Web解析 > | 事例 > Google Analytics(グーグルアナリティクス)を使ってサイト改修事例(1)

サイト内検索
最近のエントリー
注目のキーワード
Feeds

ページTOPへ