Home > オフィスアプリケーション > Microsoft Office2007形式のファイルを旧バージョンのOfficeで開く

Microsoft Office2007形式のファイルを旧バージョンのOfficeで開く

      
「WORD」(ワード)「EXCEL」(エクセル)「PowerPoint」(パワーポイント)などのファイルを受け取り、「あれっ?開けないぞ?」最近、このような状況が良くありませんか。

この現象、実はOffice2007からファイルの拡張子が変わっているからなんです。

今まではおなじみの「doc」「xls」「ppt」の拡張子が下記の一覧のように変わっています。


アプリケーション 2007以前の拡張子 2007の拡張子
WORD(ワード)
doc
docx
EXCEL(エクセル)
xls
xlsx
PowerPoint(パワーポイント)
ppt
pptx


では、新しいOfficeを買わないと見る事も出来ないのか?

と言うとそういう訳では無く、Microsoftでは Word 2007、Excel 2007、 PowerPoint 2007 の新しいファイル形式の文書、ブック、およびプレゼンテーションを開いたり、編集、保存を行うことができる互換パックを用意してくれています。

導入方法は簡単で、基本的にはWindowsアップデートで最新の状態にして、サイトからダウンロードした、互換パックをインストールすればよいだけです。

新旧ファイルの対応状況やこちらのページに詳しく書いてあるので、問題が無いようであれば導入してみても良いかもしれません。


【注意点】
互換パックを導入する際はMicrosoftのサイトの注意事項を良く読み、自己責任で行って下さい。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://webpersons.jp/mt/mt-tb.cgi/527
Listed below are links to weblogs that reference
Microsoft Office2007形式のファイルを旧バージョンのOfficeで開く from Web Persons [ウェブパーソンズ]|Web担当者向け情報サイト

Home > オフィスアプリケーション > Microsoft Office2007形式のファイルを旧バージョンのOfficeで開く

サイト内検索
最近のエントリー
注目のキーワード
Feeds

ページTOPへ