Home > 事例 > 顧客の誕生日をトリガーにして誕生月にプレゼント情報が満載のメールを自動送信する。

顧客の誕生日をトリガーにして誕生月にプレゼント情報が満載のメールを自動送信する。

      
  • Posted by: WebPersons編集部
  • 2008年2月20日 18:30
  • 事例
タイトルのようにタイミングを見てフォローメールを送ることは
顧客にメールを見てもらいやすいと言われています。

このようなメールマーケティング手法は、顧客管理やメール配信の
ASPシステムを使って簡単に実現することができます。

当社が提供するデータベース連動型メール配信システム
@utobahn(アウトバーン)」を例にとって説明します。

まず最初に顧客データのデータベースの設計をするのですが、
その時に誕生日のデータを格納するための項目を設定します。

次に誕生日に送信したいメールの文章を作成して登録します。

最後に誕生日メールを送る時間を設定します。

以上、3ステップの作業をしてもらうだけで、誕生日メール送信ができます。

誕生日メールを送信する機能を応用すると、
以下のようなこともできるようになります。


◆妊婦さんの出産予定日を日付データとして格納する。

8月生まれと登録したママさんには1ヶ月後の9月に、
9月生まれと登録したママさんには1ヶ月後の10月に、

生後1ヶ月後の赤ちゃんはこのような事に気をつけて下さい。
このような製品があると便利です。という内容の誕生日メールを
送信する。


◆電化製品の購入日を日付データとして格納する。

商品購入後6ヶ月後に掃除やメンテナンス方法をお知らせしたり、
掃除やメンテナンス用をするためのオプションパーツを
案内するメールを送信する。


◆自動車の車検日を日付データとして格納する。

車検の6ヶ月前に交換パーツのお知らせのメールを送信する。
車検の3ヶ月前に格安車検・保険見直し・自動車購入の
案内のメールを送信する。


◆各種保険の満期日を日付データとして格納する。

保険満期1ヶ月前に特約追加のお知らせや
保険証券を発送した旨のお知らせメールを送る。

このように商品や業種によって様々な起点とメールの内容が
考えられます。

是非、皆さんもメール読者の方々に喜ばれるフォローメールによる
メールマーケティングを実践してみてください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://webpersons.jp/mt/mt-tb.cgi/414
Listed below are links to weblogs that reference
顧客の誕生日をトリガーにして誕生月にプレゼント情報が満載のメールを自動送信する。 from Web Persons [ウェブパーソンズ]|Web担当者向け情報サイト

Home > 事例 > 顧客の誕生日をトリガーにして誕生月にプレゼント情報が満載のメールを自動送信する。

サイト内検索
最近のエントリー
注目のキーワード
Feeds

ページTOPへ